EVENT 20/20BAS V3
 ※このモデルは生産終了してます。

オーディオ鑑賞用のスピーカーは、メーカーにより個性があり好みも色々あると思います。
しかし音楽制作におけるモニタースピーカーは、極端な言い方をすればローエンドからハイエンドまで
バランスよく再生される事が最も重要で 音質的な個性・着色は必要ないというのが私の持論です。
あっ、それに定位感がよく分かる事も重要ですね。
このEVENT 20/20BASは、私の持論にしっかりと答えてくれる数少ない素晴らしいスタジオモニターです。

製品仕様
■新しい20/20BAS V3には、EVENT社のフラッグシップモデルであり世界最高峰のモニター「OPAL」にほどこされた
革新的な技術が注入されることで、高域から低域までのワイドでバランスの良い再生力と、高い音圧レベルを実現し、さらなる進化を遂げています。
■タイプ:2ウェイ・モニタースピーカー、1本
■スピーカー:18cmウーハーx1、2.5cmツイーターx1
■周波数特性:35Hz〜20kHz ±2dB
■クロスオーバー:2.3kHz
■パワーアンプ出力:LF=120W HF=80W 連続
■コネクター:INPUT=XLR
■寸法・重量:26Wx37.5Hx30.0Dcm、17kg

 


EVENT OPAL
サウンドハウスで「EVENT ( イベント ) OPAL」をチェックしてみる
このスピーカーは使った事はないのですが、EVENT社のフラッグシップモデルの「OPAL」です。
アルミニウムのキャビネット、ブルーのヒートシンクがかっこいいですね。
低域は新開発のEX8ドライバーを採用、30Hz〜10kHzの周波数特性と1000ワットのパワー、
特許を取得した心臓部のX-コイルによってミッドレンジを正確に再生

など今までには無い新技術も色々と盛り込まれているようです。

製品仕様
■再生周波数帯域:42Hz〜20kHz(±2dB)、35Hz〜22kHz(±2dB)
■アンプ部出力:<低域用アンプ>プログラム出力(5Ω)387W、<高域用アンプ>プログラム出力(5Ω)112W
■入力端子:XLR/フォーンコンボ
■寸法:29.5W x 45H x 27.3cmD
■重量:21.2kg
■備考:1本
■その他:・従来のモデルとはまったく異なる新しいニアフィールドモニター、EVENT OPAL。珠玉のサウンドが今ここに降誕します!

サウンドハウスで「EVENT ( イベント ) OPAL」をチェックしてみる


・TASCAM VL-S5

サウンドハウスで TASCAM VL-S5 をチェックしてみる
今年購入しました。
この価格(ペアで3万円位)でケブラー素材を採用したウーハーユニットと シルクツイーターを搭載しており、
なんとウーハー、ツイーターをそれぞれのアンプで駆動する贅沢なバイアンプ構成を採用!
解像度の高いナチュラルなサウンド はミキシングがしやすくとても気に入ってます!
この価格帯では間違いなくNo.1だと思います!

■スピーカー:
ウーハー:5.25インチ
ツイーター:1インチ
■周波数特性:60Hz〜22kHz
■アンプ部出力:
低域出力:40W
高域出力:30W
■クロスオーバー周波数:3.2kHz
■感度:200mV
■エンクロージャー形式:防磁型
■入力端子:XLR(バランス)、TRS(バランス / アンバランス)
■入力インピーダンス:
バランス:20kΩ
アンバランス:10kΩ
■電源:AC 100V、50Hz/60Hz
■消費電力:60W
■外形寸法:176 (W) × 255 (H) × 200 (D) mm
■質量:5.2kg
■付属品:電源ケーブル、取扱説明書(保証書付)


サウンドハウスで TASCAM VL-S5 をチェックしてみる


・TANNOY IMPULSE12

今までの私の人生でこれを超えるスピカーは存在しません。
全てにおいて完璧です!
タンノイはクラシックのイメージが強いと思いますが
このモデルはオールジャンルで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。
10年程前までメインスピーカーとして使ってましたが事情があり手放してしまいました。
状態がいいのがあれば今でも欲しい逸品です!!

 


HOME ALBUM SINGLE VHS/DVD Benz リンク

必見!ミックス・マスタリングのご依頼はこちらから

inserted by FC2 system